web系の企業で働くエンジニアとなるためには、現状として利用されているインターネットなどのネットワーク技術についての深い理解と、プログラミングについての能力を身につけることが不可欠となっている。そのため、もし業界の外の人や専門外の仕事をしていた人がweb系の企業で活躍したいと考えたら、専門学校に通って広く知識と技術を身につけることが近道となるだろう。しかし、それに加えて重要になるのが適性であり、業界で求められている人材について理解しておくことが大切となる。
大別すると、業界で必要となっている人材には二通りがある。一つは新しい技術やシステムを開発することに特化した企業からからのニーズであり、広くプログラミングの知識やネットワーク技術についての理解が必要とされる。特に重要となるのは知識に加えて創造性であり、新しいものを生み出し、それを最適に行えるようなプログラムを作れるようにするための能力が要求されることになるのである。一方、webの構築の下請けをするような企業においては既存のプログラムに基づいて簡単なプログラムを手早く作成することができる人材が求められている状況となっている。そのため、既存のプログラムに対する広い理解や早い理解力と、作業の手早さが必要とされているのがこういった現場である。
これらのいずれかに該当する場合にはエンジニアとして活躍できる可能性が高く、学校で身につけた力を発揮しやすいだろう。