将来、インターネット業界で働く事を目標として、webエンジニアを養成している学校へと進学できる。ただし、学生たちによく見られるのが、進学して将来の道が保証されたと安心してしまう点である。たとえ教育施設に入学して専門的な勉強を行ったとしても、本当に仕事で役立つ実力が身につくかどうかは、本人たちの勉強次第である。いくら教育カリキュラムが優れていたとしても、学生自身に学ぶ姿勢がなければ、必要なスキルは身につかない。進学してからこそが、目標としているwebエンジニアになるための本番である。
授業で与えられた課題をこなすのは、もちろん必要不可欠である。さらに加えて、自主的に勉強することも欠かせない。ライバルたちは、すでに積極的に勉強を始めている。いずれインターネット業界で競争相手となるライバルたちに負けないため、学習の意欲を持つ必要がある。web技術者を育成している学校としても、勉強熱心な学生にはサポートが手厚い。求められれば、勉強に役立つ各種の情報を提供してくれる。また、教師も業界関係者である場合が多いため、仕事で役立つ情報が得られる可能性が大きい。
学校を卒業してみて、スキルアップのための取り組み方次第で、能力に大きな開きが表れている。入学した以上は、仕事で役立つノウハウをできるだけ吸収することを目指すのが大切である。そうすれば、目標としていた憧れのインターネット業界で、技術者として活躍できる。